忍者ブログ

散布を待つ間に飲んでいる薬の話

バラに散布する準備をしたものの、
なかなかお隣さんが窓を閉めてくれず・・・
一言お願いすればいいようなものですが、
なんとなく遠慮があって、
薬剤を作って散布器に入れたのはいいものの、
まだ散布できていません。

どうすっかなぁ。





散布のタイミングを待っている間に、
私が飲んでいる薬剤の話をしてみます。

私の場合、
リーマスは365日必要というわけでもないようです。
リーマスは、気分が上がる・下がるの両方を防ぐ感じ。
上と下からはさむようなイメージだそう。

デパゲンRは、
ぷんぷん怒っている症状に効く感じ。
ただし私の場合は、
リーマスの代わりに使っています。
リーマスは私の場合、副作用がきついのです。
デパゲンRは太るけどね。

どっちを取ってもどっちもどっち。


気分安定化薬ではないですが、
ほぼ常用しているクエチアピンは、
下がったものを押し上げるような感じ。
憂鬱になったらクエチアピンを増やすんですって。
こいつは上げてくれるからありがたいけど、
眠いし、太ります。

妊娠中など、リーマスが使えない場合は
クエチアピンで代用するそうです。
私にはないことですが。

また、主治医も
「クエチアピンはリーマスの代わりになるからね」
と言ってました。
でも、上がりまくってたら
どうするんだろ~~。

友人は実際、
妊娠中はクエチアピンで乗り切ったみたい。

薬物の処方はよくわかんないです。


他の気分安定化薬としては
ラモトリギンがあるけど、
私の場合、なんだか効かないね、ということで却下でした。

カルバマゼピンは、使ったことないです。

どうしても上がってこないうつの場合は、
パキシルとかでしたね。
でも、急に上がってきたから、
自分で気づいて、錠剤をちっちゃく割って
どんどん少なくしていきました。
1か月後の受診日まで、
毎日処方量飲んでたら、
かなりヤバかったと思います。

というか、私は躁にはすぐ気づくタイプです。
うつは、去ってから、
「あ~やっぱりうつだったんだ~」とか
気づきます。
うつって、黙って忍び込んできて、
その人をいつのまにか呑み込むような、
そういう症状だと思うなぁ。

うつだ!と気づく力さえ、
奪われているのかも。



受診と受診の間で起こった変化には
わかる範囲で対応しています。
あくまで、ちょっとだけ。
「ちょっと」の範囲を超えないとだめだと思ったら、
予約外で受診します。

シロウト考えで薬を変えたことが原因で、
症状がひどくなってドツボに落ちるのはイヤです。


あくまでも、私の場合、でした。
参考になさるかたは、自己責任で。


久しぶりにフルートを吹いてみたら、
げほげほ!と、ちょっとだけ咳き込んだけど、
まあまあ吹けました。







にほんブログ村 花・園芸ブログ 北国のガーデニングへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村








PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
コロッケ
性別:
女性
趣味:
サイクリングと庭仕事
自己紹介:
2014年春、庭を造り始めました。
南側に隣家が立っているので、基本的に庭は半日陰です。少しでも日が長くなる場所を探したり、あまり日が当たらないところでも育ってくれる植物を選んだり、試行錯誤が続いています。
ロードバイクで通勤しています。
エレクトーン初心者です。フルートの初心者でもあります。
こちらにも自己紹介を書いてみました。
にほんブログ村 園芸初心者

にほんブログ村 躁うつ病(双極性障害)





フリーエリア

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/6ysqx882dt5o

ブログ内検索

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30