忍者ブログ

園芸フライング

昨夜はあんまり眠れなかったわ・・・

しゃあないね。

今は眠気と戦っています。
眠いけど、眠れるわけじゃないから、
我慢するしかないんだよね。


エレクトーンは、
バッハのBWV731を
真面目に練習することにしました。
これをお手本に。

この動画とエレクトーンとは
ピッチが一緒。

この曲を選んだのは、
以前からよく知ってて大好きな曲だから
練習が楽・モチベーションを保てる・
超スローだから私にはいいんじゃ?
といういくつかの理由から。

いまんとこ、
1小節だけ
弾けます( ´-ω-)

ヤマトの白色矮星もいいな。


椅子の位置や座り方は、
あれこれ試行錯誤中。

宇宙戦艦ヤマトでだいたい決めたつもりだったけど、
ダブルフッターするには
もっとよく考えなきゃ。

両手両足を使うから、
お尻の支点が重要、
だから深めに座る必要がある。

つか、パイプオルガン弾いてる人の
you-tubeガン見したけど、
みなさん深く腰かけていらっしゃる!

目からうろこ。











ところで、今日は
春を思わせるような(気が早すぎるけど)
あったかい日で、
久しぶりに園芸店に行っちゃった。

冬は、蘭とか多肉とかの温室の植物が
メインで、あまり行かないんですけど、
今日行ったら、
こんな子が!

椿の侘助。

「雛侘助」という種類を選びました。

以前の庭に、
前の家主さんが植えた乙女椿があって、
日陰っぽい場所だったのに、
めちゃくちゃ花が咲いていたのを思い出しました。

今度の子はあこがれの侘助の苗です。
この子はたくさん花を咲かせてくれるかなぁ?

まだ雪も寒風もあるだろうけど、
外に置いちゃって大丈夫なのかな?

今後雪がふったら、
このつぼみたちは落ちないんだろうか?


あれこれ心配だけど、
連れて来ちゃった。


→花おちるって。
下のコウムと一緒に
中に入れました。


お店のお兄さん曰く、
今日にでも植え替えるといいですよ!
ということだったので、早速実行。

もう一つ、かわいい子。

シクラメンの原種で、コウムです。

白い子・ピンクの子の2種類があったのですが、
私はちょっと白っぽいピンクちゃんを選択。
色や大きさは、個体差もあるんでしょうね。

お兄さんに、
「うちにヘデリフォリウムが
 地植えになっているんだけど、
 花は2個ぐらいしかつかないんです、
 地植えはやめて、
 鉢植えにして日に当てた方がいいですか?」
と訊いたら、
「そんなことないと思う。
 むしろ、排水性が悪い土がよくないですよ」
とのこと。

コウムは、まだ地植えにしようにも
雪がてんこ盛りで掘れないので、
鉢に植え替え。

地植えにしてあるヘデリフォリウムは、
あとで土を改良してみよう。


今日は、侘助とコウムを
植え替えるために
超久しぶりに庭に出たんです。

何か春を思わせるものは
ないかなぁ?

探すと・・・


魁あやめの新芽!


バラの新芽!



北側に鉢植えになっているビオラ。

鉢にへばりついてる。
冬中、雪で押しつぶされていたのに、
枯れないんだよね。
えらいなぁ。
いじらしいなぁ。


これはラベンダーセンティヴィア。

も、もしかして、
枯れてるかも!?

寒さに強いんじゃなかったっけ??

あと、
枯れるかどうか、
実験しているのはレモンバーベナ。
見た目は完全に枯れているけど。
どうだろ?


スノードロップは
まだ咲かない。
というか、
雪が深すぎて
咲きようがないみたい。

今年はドカ雪だからね。




にほんブログ村 花・園芸ブログ 北国のガーデニングへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村



PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
コロッケ
性別:
女性
趣味:
サイクリングと庭仕事
自己紹介:
2014年春、庭を造り始めました。
南側に隣家が立っているので、基本的に庭は半日陰です。少しでも日が長くなる場所を探したり、あまり日が当たらないところでも育ってくれる植物を選んだり、試行錯誤が続いています。
ロードバイクで通勤しています。
エレクトーン初心者です。フルートの初心者でもあります。
こちらにも自己紹介を書いてみました。
にほんブログ村 園芸初心者

にほんブログ村 躁うつ病(双極性障害)





フリーエリア

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/6ysqx882dt5o

ブログ内検索

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
2 3 5 7
10 11 12 13 14
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30